カートをみる ログイン ご利用案内 お問い合せ

火鉢・囲炉裏を楽しむ index

火鉢・囲炉裏を楽しむ

火鉢で炭火

index

火鉢の基本知識

火鉢を楽しむために必要な道具や、使う手順などをご説明しています。

火鉢囲炉裏の灰の量の決め方

お持ちの火鉢に、どのくらいの灰が必要なのかをご紹介しています。

京・茶の湯炭の里 くぬぎ炭

当サイト取り扱いのくぬぎ炭と工房のご紹介です。厳しい選別でいいくぬぎ炭をよりお求めやすくお届けします。

火鉢でのこんな楽しみ方

火鉢にはいろんな楽しみ方がありますよ。

骨董火鉢

味わい深い、昔の火鉢はいかがでしょうか?

宜興(ぎこう)火鉢とは?

宜興は、磁器の「景徳鎮(けいとくちん)」、陶器の「宜興」と並び称される大生産地です。

火鉢の基本知識

火鉢・囲炉裏を楽しむ

炭火



暖まるだけでなく、見つめているだけでもホッとするような安らぎを与えてくれる火鉢と囲炉裏。
今まで一度も使ったことがない、でも使ってみたい!そんな初心者の方に役立つ知識をご紹介します。
さあ、炭火のあるスローライフをはじめてみましょう。

*必要な道具と炭

これさえあれば、すぐに火鉢が使えるアイテムをご紹介します。

手あぶり火鉢


火鉢 

 骨董・新品・丸型・角型など価格帯も幅広くありますが、お部屋の広さや、使う人数やシチュエーションに合わせて選びましょう。 

 骨董火鉢


炭  

 火鉢・囲炉裏にはクヌギ・ナラなど 池田炭の黒炭が合います。手あぶり火鉢のような小さいものでなければ、備長炭もご使用いただけます。

 黒炭(クヌギ・ナラ炭)


火箸 

 火鉢の必需品で真鍮や南部鉄などの素材があります。高温の炭に触れるものなので、きちんと専用のものを使いましょう。 火箸

  

 灰は使用する炭と同じ木の灰を敷くことが炭となじむ一番の方法です。  火鉢・囲炉裏用 灰

     火鉢・囲炉裏のの灰の量の決め方


*あると便利な道具もご紹介します。


灰ならし

 火鉢の灰を整える道具です。炭火を見つめながら美しい灰をいじっている時間はとてもリラックスできるひとときです。

 また、灰ならしは灰にきれいな模様を描くだけの道具だと思われがちですが、火床を作ったり炭火に灰をかぶせたり、火箸では出来ないことをする実用的な道具です。  灰ならし

火バサミ

炭火焼用のものと同じでかまいません。

火熾し器

 これがあれば、ガスコンロで簡単に火が熾せます。 台十能

台十能 

 火熾し器とセットであると便利な道具。ガスコンロで熾した炭を火鉢へ運ぶときの受け皿として安全に運べます。   火おこし用便利グッズ

火消しツボ

炭を無駄なく消化し、残りを次に使いまわせるから経済的です。炭火焼をされるときも使えるので、ひとつお持ちだと便利です。  火消しツボ

*火鉢を使う手順


火鉢に灰を入れる

袋から灰を火鉢に移します。もくもくと灰が広がりますので屋外で行いましょう。
砂利などを入れる方法もありますが、当店では灰だけを入れることをオススメします。砂利は非常に重いので移動が大変になります。また灰は断熱性が高く安全で、火箸を挿すときの感触がすっと奥へ入り気持ちが良いです。
もし、砂利を入れられる場合は15〜20cmまでは灰を入れましょう。  

火を熾す火起こし器

炭火コンロや火熾し器を用いて火をつけます。

火の熾し方・消し方
カセットコンロでの着火は危険なのでやめましょう。
IHクッキングヒーターをお使いの方は火熾し器は利用できませんので、お持ちの木炭コンロでの火熾しをお勧めします。

炭を足す 

炭を足すときは、直接触れない距離において温めてから追加します。  炭が跳ねる原因と防ぎ方
急激な加熱は跳ねの原因になりますのでご注意下さい。


火力を調節する

火力の調節は、炭の量と灰をかけることで調節できます。繰り返し使うことで適切な加減がわかってくると思います。

火鉢で炭の立ち消えを防ぐ方法

火を消す

そのまま灰になるまで燃やすのはもったいない、というときは火消しツボを使うと無駄なく安全に消すことができます。
底が高温になるため、置く場所に気をつけて安全に消しましょう。

灰のおそうじ

あみじゃくしなどの網状の道具を使うと、灰の中のゴミをとるのに便利です。


火鉢季節が終わったら・・・

冬が過ぎたら、なるべく空気に触れない湿気の少ない場所に保管します。灰は火鉢に入れたままで大丈夫。火鉢ごと袋に入れるなど、工夫して収納しましょう。


火鉢・囲炉裏の灰の量の決め方

火鉢・囲炉裏を楽しむ

火鉢・囲炉裏の灰の量の決め方            

*火鉢や囲炉裏にはどのくらいの灰が必要なのでしょうか?

灰は炭が燃えやすくするためと、断熱効果を兼ねています。 火鉢
もっとも大事なのは安全面からもやはり断熱で、炭を置く場所にはできれば15cm以上の灰を敷いた方が安全です。灰が浅い場合には、下に耐火煉瓦を敷いておくと万全でしょう。(厚さ2cmくらいの薄いものがあります)

灰をかぶせることによって温度調節の役目もしますので、炭が熾った時の独特のむっくりとした暖かさを感じるには、灰はそこそこ敷いておいたほうがいいと思います。


囲炉裏で深さが足りない場合は、火床の部分は灰を盛り上げてでも灰の厚さを確保した方が安心です。囲炉裏の場合、炭を熾す場所に灰を盛って使用されることが多いので、炭を置かない場所にはそんなに深くは要りません。

それから、灰は日が経つにつれ、ごく少量ずつですが減っていきます。「灰がやせる」と表現していますが、炭の熱による上昇気流によって少しずつ放散していくようです。



*灰は結構高いので、何か代用で底上げできますか?

灰の代わりに砂や耐火レンガを入れる方もおられます。 レンガの方が、後々融通が利くかもしれませんね。砂を入れてしまうと、取替えは困難です。ただし、かなり重くなってしまうので、移動が大変になります。

またレンガを入れる場合には、火箸を刺したときにレンガがあたるような場所を避けることと、砂を入れる場合には、ジャリッという不粋な音が出ないように、砂の場所と灰の厚みを工夫されればいいと思います。


*あなたの火鉢・囲炉裏の灰の量は?

灰の量計算方法目安

 丸い火鉢の場合
  火鉢の半径(cm) × 火鉢の半径(cm) × 3 × 入れようと思う灰の高さ(cm) ÷ 1000 = 必要容量(リッター)
(火鉢の形によって量は変わります。下が細くなっている場合が多いので、算出された数字の7〜8割程度でいいでしょう。)

 囲炉裏の場合
  幅(cm) × 奥行(cm) × 入れようと思う灰の高さ(cm) ÷ 1000 = 必要容量(リッター)



     さらに、それぞれの必要容量(リッター)を重さに変換すると

       必要量(リッター) ÷ 1.5 = 必要な重さ(kg) がわかります。

              火鉢・囲炉裏用 灰のお求めはこちらで

火鉢でのこんな楽しみ方

火鉢・囲炉裏を楽しむ

火鉢の炭火で暖まりながら楽しむ、定番のお餅を焼くほかにも、こんな楽しみ方はいかがですか?


●おかき火鉢であられを焼く
 お正月に余ったお餅などを醤油と砂糖とみりんのタレにつけて、火鉢に網を載せて焼きます。
カビないようによーく乾かすのがポイント。炭火だと中まで柔らかく焼けます。

●パン
 パンを炭火で焼くと、外はこんがり、中はもちもちでトースターより断然おいしく焼きあがります。バターが溶けて染み込んだ炭火の焼きたてのパンは、ついついおいしくて食べすぎてしまします。 店主のブログ「だらだら草子」より「火鉢でパンを」

●熱燗を暖める
 寒い季節においしい熱燗。炭火で暖めると電子レンジよりも冷めにくいので、じんわりおいしく飲めます。なにより風情が断然違います。ついでにスルメでも炙れば最高のひとときですね。

  *ご注意
     火鉢・囲炉裏では灰が汚れてしまうので、脂分の多い肉や魚は向きません。
     ちょっと焼いたり暖めて食べる料理を楽しみましょう。

*炭火で沸かしたお湯がおいしい理由
鉄瓶炭火
で沸かしたお湯のことを「ねられたお湯」と表現しますが、普通にガスなどで沸かしたお湯よりもおいしいと言われています。
じっくりと長時間かけた「ねられたお湯」がなぜおいしいのかはよく解っていませんが、長時間熱することによって水の分子が小さくなると言う説や、炭を燃やすときに出る灰が微粉となって溶け込むのではないかなどと言われています。

寒い季節には、ゆっくりと沸かした「ねられたお湯」でお茶やコーヒーをいただけば、心も体もじんわりと暖まりますよ。

さあ、炭火「おだやかな火」の魅力で「スローな時間」を味わってみませんか?


宜興火鉢とは

宜興火鉢とは                

宜興火鉢宜興は、磁器の「景徳鎮(けいとくちん)」、陶器の「宜興」と並び称される大生産地です。
揚子江下流、太湖のほとりの町 蕪湖から南東50km、陶器の都・江蘇省宜興市があります。宜興窯は中国八古窯の一つで、現在も宜興市の郊外にある丁蜀鎮を中心に、有名な紫砂壷(茶器)を主に、国営工場も含め作陶は盛んに行われています。

宜興の技術は、古くは18世紀にマイセンを初めとしてドイツの窯にも影響を与えていたとされています。近年(1878年)では日本の常滑焼も技術指導を受け、そのおかげで現在常滑では多くの窯が朱泥の急須を生産しています。

当サイトでご紹介する宜興の火鉢は、大正末期から戦中まで(60〜80年前)、日本向けに作られた海鼠(なまこ)模様を施した火鉢です。(現在は作られておりません)

この火鉢の特長は、その模様の美しさもそうですが、それよりも火鉢の軽さには驚かされます。土が違うんでしょうね。日本の火鉢ではこれほど薄くは作れないんじゃないかと思います。火鉢は軽くて丈夫、そして深い紺の色合い(なまこ柄)は、きっとお部屋に落ち着きを与えてくれるでしょう。

火鉢が全盛の頃に作られたものですから、しっかりとした作陶技術といろんなデザインを楽しめます。

この冬は炭の火鉢で暖まりませんか?

火鉢バナー

おいしく焼けるだけでなく、炭火って見つめているだけでもホッとして魅入ってしまう何か不思議な魅力がありますね。

炭火に限らずキャンプファイアーでも、大きな火のときは高揚して楽しみ、残り火になるとなぜかシンミリと自分を振り返ってみるなんて経験、ないですか?


火には不思議な力があります。 火鉢で炭火
火の周りには人が集まってきます。
原始の時代から数十年前までの長きにわたって火を囲んで生活をしていた頃の記憶や本能によるものでしょうか?

だから、火には畏怖とともに安心感があるのでしょう。やっぱり心がリラックスするのでしょうね、ふだん言わないようなことまで話し込んだりして・・・。

もし、あなたが今までに「おだやかな火」の前にいたことがあるなら思い出してみてください、そのときの自分のことを・・・。きっと口元がほころんでいたはずです。

炭火で沸かしたお湯は「ねられたお湯」と表現され、普通にガスなどで沸かしたお湯よりおいしいと言われています。
じっくりゆっくりと長時間かけて充分に「ねられたお湯」がなぜおいしいのかはよく解っていませんが、このおいしいお湯を体験してみませんか?乾燥しがちな冬場の加湿にもなります。



炭イラスト

   なにもかもが忙しく過ぎ去る現代社会の中で、

          当店がオススメするコンセプトは「スロー・ゆとり・やすらぎ」です。


炭火でお部屋全体を暖めるのは少々無理がありますが、

掌から伝わる「あたたかさ」は、あなたの血液を通じてからだの中から暖めます。

穏やかに赤い炭火は、のんびりと移ろいゆく時とともに、ゆっくりとその形を変えていきます。

この穏やかなリラックスタイムは、炭火でしか味わえない贅沢なひと時です。




さあ、この冬は火鉢で暖まりませんか?

炭火「おだやかな火」の魅力で「スローな時間」を味わってみてください。

  *火鉢の基礎知識や灰の量の決め方などは、火鉢・囲炉裏を楽む をご参考になさってください。

*火鉢や囲炉裏に入れて楽しんでいただくには、こちらの炭がお勧めです。

岩手ナラ切炭


最もポピュラーな、お求め安い価格の国産炭
(画像は2kg弱です。)
伊予クヌギ炭特選12kg入り

伊予クヌギ切炭特撰:最高級のクヌギ炭です

京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(秀)


主に茶の湯炭を生産している「京・茶の湯炭の里」のくぬぎ炭を、切炭にしてお求めやすい価格と量でお届けします。



骨董火鉢



  五徳 
  火箸 

骨董火鉢

骨董火鉢

骨董(こっとう)には、現代ものでは味わえない人の手の込んだ品物が多くあります。

火鉢にも、その時々の職人技にしか出せない味があります。

骨董すなわち中古品ですので、経年の傷やスレあるいは緑青のでているものなどがありますが、それがまたひとつの味となって、深い味わいを醸し出しています。

気の合う火鉢がございましたら、ぜひお近くに置いてやってください。

   骨董火鉢一覧

まだ掲載している火鉢は少ないのですが、いろんな種類の火鉢の在庫がございます。 順次掲載していきますので、よろしくお願いいたします。

京・茶の湯炭の里

京・茶の湯炭の里

京都府北部の京丹波町でくぬぎ炭(菊炭)の製造をしている「京・茶の湯炭の里」のご紹介です。当サイトでは、ここのくぬぎ切炭を販売させていただいています。

京・茶の湯炭の里

京・茶の湯炭の里京・茶の湯炭の里
京・茶の湯炭の里京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭

京・茶の湯炭の里 京・茶の湯炭の里 京・茶の湯炭の里
炭を取り出す前。窯を冷やしている。 くぬぎの幼木。水田の跡地を利用して、広い敷地でくぬぎを育てている。

ここ「京・茶の湯炭の里」では、主に茶の湯炭を作っています。ご承知のとおり、茶道に使う炭はその寸法や太さが細かく定められています。

厳しい選別にもれたものを切炭として販売しているのですが、もれたとはいえ、グレードが高い。菊炭と呼ばれるこのきれいな木目はくぬぎ炭独特のものです。

今のところ販売しているのは「秀」と「良」ですが、「秀」はもうちょっとでお茶炭にならなかったもの。たとえば、こんなに厳しい選別です。


厳しいチェックの一例(お茶炭にならない理由)

京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(秀) 
わずかにフシがある
 京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(秀) 
樹皮が少し浮いている
京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(秀) 
きれいな円ではない

 京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(秀) 
まっすぐな円柱形ではない
上から見るとこんなにきれいな炭なのに京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(秀)

          京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(秀)


次に「良」の選別ですが、秀にならない(割安の)理由は樹皮だけなんです。
秀にならない(割安の)理由

京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(良) 
樹皮がはがれている
 京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(良) 
樹皮が一部はがれている

          京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(良)


そもそもお茶炭というのは特殊な炭、細部にまでこだわらないとお茶炭にはなりません。
ここでご紹介した切炭は、ごくわずかな違いでお茶炭にはなれなかったものの、火鉢や茶の湯のお稽古でお使いになるには申し分のない、質のいい炭だという事がおわかりいただけたでしょうか。

当サイトでは灰まで美しいこの菊炭を、工房のご協力もあって、お使いやすい量の6kg入りで、またお求めやすい価格設定で販売いたしております。

ぜひ一度、この素晴らしい炭を使ってみてください。

京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(秀)京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(良)
京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(秀)6kg入り
価格: 5,550円(税込)

京・茶の湯炭の里 くぬぎ切炭(良)6kg入り
価格: 4,930円(税込)


2箱セットでさらにお買い求めやすく

さらにお買い求めやすく、2箱セット(12kg)で500円の割引価格で販売をいたしております。

京・茶の湯炭の里くぬぎ切炭(良)6kg入り2箱セット(500円割引価格) ¥9,360   

京・茶の湯炭の里くぬぎ切炭(秀)6kg入り2箱セット(500円割引価格) ¥10,600

京・茶の湯炭の里くぬぎ切炭 秀と良の2箱セット(500円割引価格) ¥9,980

ページトップへ