カートをみる ログイン ご利用案内 お問い合せ

備長炭でお洗濯

炭を暮らしに活かす


備長炭で洗濯

なぜ炭と塩で汚れが取れるのでしょう?炭で黒くならないの?という疑問もあるかも知れません。実は「炭の持つ吸着効果と塩の殺菌・漂白効果」というおもいがけない組み合わせで、汚れを落とすことが出来るのです。


*環境にも肌にもやさしい炭のお洗濯
炭のお洗濯は、炭の持つ吸着効果と塩の殺菌・漂白効果によって汚れが落とせるだけではありません!

 *天然素材の炭と塩なのでお肌にも環境にもやさしい
    天然素材なのでお肌の弱い方や赤ちゃん・お子さんにも安心です。
    同時に、水を汚さないので地球にもやさしくエコなお洗濯です。
 *水・電気代・時間が節約できる  
    洗剤を使わないので水の使用量がうーんと減って水の節約に。
    同時に電気代、時間も節約になります。
    界面活性剤で素材に負担をかけないので、ニット・ウール・羽毛など
    ほとんどのものが家庭で洗えます。

  
*用意するもの
炭で洗濯 日常的な洗濯物はこの方法でほとんど大丈夫です。(水15リットルあたり)
・備長炭7〜8cmのもの1本
・かまぼこ板(かまぼこ板は、写真のように角をカットしておくと洗濯槽の中での動きがスムーズになります。)
・古い靴下
・ゴムひも
・塩小さじ1〜2杯(安いものでもかまいませんので、天然塩をお使い下さい)

塩を入れることで、洗濯機への影響をご心配される方もおられるでしょうが、洗濯水の塩分濃度は0.01%以下ですので問題ありません
炭は新しいものでなくても大丈夫。経験から言うと、消臭などで使い切った炭では吸着効果が弱いので、ご飯やミネラルウォーターにお使いになったあとの炭であればご利用いただけます。


*お洗濯の方法
備長炭とかまぼこ板をタワシでよく洗い、靴下の奥までしっかり入れます。
口をゴムひもでしっかり結んだら下準備のできあがり。
浮くことを確認してみてください。もし、浮き方が足りなかったら、板やコルクを足すなどして浮力を増やしましょう。

あとは天然塩小さじ1〜2杯と一緒に洗濯槽に入れるだけです。
15リットルあたりに1袋入れてください。60リットルの洗濯機なら4袋です。


*使用後のメンテナンス
ご使用後は、洗濯物と一緒に干してください。乾けばまたお使いいただけます。炭が型崩れしてきたら炭を交換してください。
また、吸着効果が落ちてきたら、時々炭を煮沸消毒して再生してください。


*ご注意
●塩の入れすぎや、途中で塩をこぼしたりしないように気をつけてください。
 サビの原因になることがあります。
●洗剤や柔軟剤とは併用しないで下さい。炭の持つ効果がなくなってしまいます。
●良質の硬い備長炭をお使い下さい。柔らかい炭は崩れて洗濯物を汚す恐れがあります。


ページトップへ