カートをみる ログイン ご利用案内 お問い合せ

炭の有効期限

炭のHow to

有効期限に気をつけて


炭にも有効期限があるといえば驚かれるかもしれませんが、炭の吸着力や消臭力には限界があります。あなたのお使いの炭は大丈夫ですか?用途別に効果が得られる期限をご紹介します。


用途別:炭の有効期限

*浄水に使う 
水に入れて炭からミネラルが出るのはせいぜい10日から2週間と言われています。そのあとはカルキ分などの吸着はするため、それなりにおいしくなりますが、ミネラルは増えません。ニオイやカルキなどの吸着効果は3〜6ヶ月程度、継続します。

     水やお酒をおいしくする


*ごはんを炊く・料理をおいしくするのに使う
10回程度ご使用になれます。正しいメンテナンスをすれば長持ちします。

     ごはん・料理をおいしくする


*炭湯に使う
ミネラルが出るのは10日から2週間程度ですが、吸着効果は3ヶ月くらいは効果を得られます。いづれも正しいメンテナンスをすることで効果が長持ちします。

     お風呂で炭湯


*消臭用に使う
使用する場所によって効果の持続期間は様々です。水洗いや煮沸消毒によって再生して頂けますが、効果がなくなったとお感じになられたときは、新しい炭に交換しましょう。

     炭で消臭


*除湿・調湿用に使う
除湿・調湿用に使う場合は炭が古くなるまでとことんお使いいただけます。湿気を多く吸着した炭は、乾かして頂ければまたご使用いただけますので、その他の効果がなくなってきた炭は除湿・調湿用に使いまわしましょう。


     タンス・押入れの除湿に  床下の調湿に


*炭火として使う
空気に触れる状態で長く置いていた炭は、湿気を吸ってはじく恐れがあります。またニオイを吸着していることもあり、炭火にするといやな臭いがする可能性があります。
ご購入後はなるべく早めにお使いいただくことをオススメしますが、もし保存する場合は、湿気が少ないところで保存しましょう。また、長期間保存した場合は、たとえ密封していても湿気を吸っていますので、天日干しにするなどしてよく乾かし、跳ねの原因と防ぎ方を参考に注意してご使用ください。

     炭火焼の楽しみ方


*花や食品を長持ちさせるのに使う
1ヶ月程度で交換しましょう。よく洗って乾かせば数ヶ月は繰り返しご利用いただけます。

     炭で長持ちさせる


*木酢液・竹酢液を使う
日光の影響や時間の経過で化学反応を繰り返し、タール分(化合物)が増えることがあります。黒くなってくると要注意です。このタール分は一次タールと違い 有害ではないとする意見もありますが、重合による化学反応を起こしていることには違いありません。このような状態になってしまった場合は、ろ過してお使いいただくか、新しいものと交換していただくことをオススメします。お早めにお使いください。


*水・ご飯など口に入れるものに使う場合のご注意
ご使用後に長く放置しておくと、雑菌が繁殖する恐れもあります。再使用時には煮沸消毒をお忘れなく!


ページトップへ