カートをみる ログイン ご利用案内 お問い合せ

備長炭の煮沸消毒と再生方法

炭のHow to

炭の煮沸消毒と再生方法

ミネラルウォーターやごはんなど口に入れるものにお使いの場合は、使いはじめと再生時には必ず煮沸消毒をしましょう。衛生的にもよく、効果も長持ちします。 


*煮沸消毒の方法

備長炭を洗う 煮沸消毒

1.炭をタワシなどで流水を使いよく洗う。
2.熱湯の中で約10分間煮沸する
3.風通しの良いところで約一日、陰干しする

*煮沸消毒した炭の保存
煮沸消毒した炭は、あとで使いやすいようにタッパウェアなどに入れておく習慣をつけ、清潔に保ちましょう。いつから使っているかがわかるようにしておくとメンテナンスも簡単です。


*ご注意
決して洗剤を使用しないで下さい。炭の強い吸着力によって洗剤が定着してしまい、効果はなくなります。もし使ってしまったら、捨てるしかありません。


*消臭用炭の再生の方法
消臭用に使用した備長炭・竹炭は過熱してニオイの素と炭の結合を緩め取り除くことで、再び臭いを吸収させることが出来ます(クヌギ炭、ナラ炭などの黒炭は煮沸消毒には向きません)

消臭用炭の再生方法は、フライパンに2〜3枚のアルミ箔を敷き、その上で5分ほど加熱します。白炭(備長炭など)は煮沸消毒と同じ方法でも再生できます。


*ご注意
炭をフライパンで温めると、吸着した臭いが出てくるため、かなり強い臭いが発生します。換気には十分気をつけましょう。
また、煮沸消毒の際は臭いが道具に移る可能性がありますので、調理用とは別の容器で加熱・煮沸することをオススメします。
上記の方法で再生しても、炭火用にお使いいただくことはできません。
爆跳の恐れがあり大変危険ですので、決して使用しないで下さい。


ページトップへ