カートをみる ログイン ご利用案内 お問い合せ

アウトドアでの炭火の熾し方

炭火焼の楽しみ方

アウトドアで簡単・確実に炭に火をつける方法

*アウトドアでの火熾しをご紹介します

この方法は最初に新聞紙や木から煙が出るので、煙が迷惑にならない場所でご利用下さい。  
(1)木炭コンロの中に新聞紙を入れ、火を着ける。
(2)その中に木皮(こわ)を入れ火を大きくする。
   (木皮とは製材などで出た端を切りそろえたもの)
   木皮がなければ、使ったあとの割り箸などを利用
(3)黒炭(岩手ナラ炭など)を入れ、赤く熾るまで待つ(およそ10~15分)
(4)黒炭が熾れば備長炭を入れ、赤くなるのを待つ(さらに10~15分)

備長炭は、はじめから入れても火は着きませんので、ちゃんと黒炭から火を熾して火をつけましょう。そうすれば、おいしく焼ける備長炭を野外でも楽しめます。



* 炭火を楽しむ心得  

   炭火料理は 時間と手間も 楽しむべし。

本物の炭を楽しむには手順と時間が必要です。
焼き始める30分以上前から炭火の準備をしておくことが、おいしく炭火料理を楽しんでいただく秘訣です。
焦らず、急がず、の~んびりと炭火をお楽しみください。


*当サイトでは、アウトドア用に便利なセットをご用意しております。

アウトドア用炭火まるごとセット


アウトドア用まるごと炭火セット

このセットを持っていけば、炭火の準備はすべてOKです。 
一度いい備長炭で焼いて食べたい!でもどうすればいいのかわからない・・・ と おっしゃる方には、この炭火アウトドアセットがお勧め!  ¥6,350

アウトドア炭だけセット(大)


アウトドア用簡単確実着火セット(大)

このセットを持っていけば、火熾しと炭火の準備はOKです。
コンロなどは持っているので、いい炭でアウトドアを楽しみたいという方はこちらをお選びください。  ¥3,680

アウトドア用炭だけセット(小)


アウトドア用簡単確実着火セット(小)

このセットを持っていけば、火熾しと炭火の準備はOKです。
コンロなどは持っているので、いい炭でアウトドアを楽しみたいという方はこちらをお選びください。 ¥2,100


*    出したゴミは必ず持ち帰りましょう!
     マナーを守って炭火を楽しみましょう!

ページトップへ